不動産売却のポイント 土地や建物を売りたいお客様へ

不動産には税金による保有コストが常に付きまといます。
お客様がお持ちの不動産において、有効な活用が難しいとされる場合、売却して現金化し、その現金の使途をあらためて検討することも資産活用の1つです。
宮永不動産では、不動産の買取を含め、お客様のニーズにあった不動産の売却方法をご提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

不動産売却の方法

1.売却の仲介

新聞、広告等に物件情報を掲載し、広く買主を求める方法です。市場を見ながら価格の調整を行なうことが出来るので、時間をかけながら納得のいく価格で売却したいお客様向けです。

2.買取

お客様のご事情により周囲に極秘で売却をしたい場合や、スピーディに、確実に売却したいお客様には当社が買主となり直接物件の買取を行ないます。

高い査定をした不動産会社が一番高く売ってくれるわけではありません!

不動産売却時の査定額は不動産会社によって様々ですが、高く査定されたからといって、必ずしもその価格で売れるとは限りません。

査定額で売り手が見つからない場合、しばらく売れないことを理由に価格を下げられてしまうことがあります。そして、その結果、実際に販売される価格は最初の査定額よりも下がり、やっと買い手は見つかったものの、手に入るお金は予定していた価格とはかけ離れ、また売却までにかなりの時間を費やしてしまったということになってしまいます。

宮永不動産はより早くお客様の資産を売却できるように根拠ある査定をします。

当社ではお客様の資産をより早く売却できるように、近隣データをもとに根拠のある査定書を作成し、それを参考にしてお客様に売却価格を決定していただいております。
つまり、当社で提示する査定価格はお客様が販売価格を決定するための判断材料の一つです。販売開始価格を決定するのは所有者であるお客様(売主様)なのです。

宮永不動産は、お客様が適切な販売価格を決定できるよう、その時の市場を見極め、適切なアドバイスとお手伝いをさせていただきます。どうぞ、安心して当社を活用してください。

Top Of Page

不動産購入のポイント 土地や建物を買いたいお客様へ

都市部に比べ福井は地価も安いため、アパートや借家に住み続けるより、土地を買ってマイホームを建てようと考える方も多いと思います。

いくら地価が安いとはいえ、家を建てるだけの敷地を購入するとなると決して安い買い物ではありません。土地には都市計画やその他法令で定められた見えない制限がかかってきます。建物のほうにばかり目が行きその制限を見落とすと、イメージ通りの家が建てられない、といったことにもなりかねません。

「いい土地を買う」 ということは 「いい家を建てる」 こと以上に難しく、吟味しなければならないものです。土地購入の際にはどういった所に注意しなければならないのか?土地選びのポイントをチェックしてみましょう 

1.土地に対する法律上の制限

幅員4m以上の道路に2m以上接しているか(接道義務)、イメージしている建物を建てるのに必要な建ぺい率、容積率が確保できているか、その他にも建物の高さ制限、斜線制限、防火制限など、建物を建てるにはさまざまな法律上の制限があります。このような目には見えない制限を一つ一つチェックしましょう。

2.周辺の環境をチェック

家を建てるには、自然環境の良い閑静な住宅街にある土地がうってつけですが、そのような土地であっても、道路一本はさんで反対側が商業地域、工業地域である場合は、数年後に工場やパチンコ店などが出来てしまい騒音に悩まされるということもありえます。将来の周辺環境も見据えた土地探しをしましょう。

3.近隣施設をチェック

幼稚園、小中学校、公園、スーパーや病院、郵便局など日常生活に便利な施設がどのくらいの距離にどれほどの規模であるのかを確認しておきましょう。

4.諸設備の設置状況をチェック

上下水道の引き込みの有無(なければ別途費用がかかります)、雨水、汚水の排水の状態も確認しておきましょう。

5.敷地の状態をチェック

地盤や日当たりの状態、擁壁による土留めがなされている場合はその状態をしっかり確認しておきましょう。軟弱地盤の場合には地盤改良による補強、擁壁の状態が悪い場合は補強工事が必要な場合があり、大規模な出費につながる恐れがあるため注意が必要です。

6.災害時の影響をチェック

周辺に崖や山、川が近くにある場合は、大雨や築堤の決壊などによる土砂崩れ、洪水の災害に対して安全かどうか要注意です。洪水ハザードマップ土砂災害警戒区域等管理システムなどを活用して、購入する土地の災害時の影響を確認しておきましょう。

上記のポイントも含め、土地にかかる様々な制限、影響は不動産会社のほうで調査し、契約前に資料を作成してお客様に説明します。説明を受けた際には上記のポイントに特に留意して失敗の無い土地探しをしましょう。

Top Of Page

お部屋探しのポイント 借家・アパート・マンションを借りたいお客様へ

生活の基盤となるお部屋。「安いから」、「新しいから」といって安易に決めてしまうのは後悔のもとです。住んでみて「こんなはずじゃなかった」ということにならないよう、お部屋選びのポイントをチェックしましょう。

1.物件の雰囲気をチェック

まずは物件の全体的な雰囲気。外観の印象のほか、日当たりの状態、周辺に騒音や匂いを発する嫌悪施設がないかもしっかりチェックしましょう。

2.室内の広さ、窓の位置をチェック

実際に家具を置いてみたことを想定し、生活スペースは十分確保できるか、窓の位置が家具の設置の邪魔にならないかをチェックしましょう。あらかじめ自分の持っている家具のサイズを測っておくとイメージが具体的になるでしょう。

3.設備の内容をチェック

お部屋にどのような設備がついているかをチェックしましょう。特に水周りの設備は間取り図ではわからないことが多いので、キッチン、トイレ、お風呂の状態など、実際に目で見て判断しましょう。また、エアコンの有無、テレビアンテナの配線状態もチェックしておきましょう。

4.収納の状態をチェック

収納スペースが充実していれば、お部屋の整理はもちろんのこと、住空間を最大限に生かすことができます。クローゼット、押入れ、玄関収納など、収納が充実しているか、また収納の容量等も忘れずにチェックしましょう。

5.近隣施設をチェック

幼稚園、小中学校、公園、スーパーや病院、郵便局など日常生活に便利な施設がどのくらいの距離にどれほどの規模であるのかを確認しておきましょう。

Top Of Page

希望条件登録

  • 売買物件検索
  • 賃貸物件検索
  • 宮永不動産リノベーションプロジェクト MIYARINO(ミヤリノ)
  • 宮永不動産代表取締役 宮永真孝のブログ 宮永不動産運営日記
  • 宮永不動産スタッフにしののブログ 宮永不動産補助日記
FUKUIWEB(ふくいウェブ)
MIクリエイト